アジア・ドイツ読書日誌と
ロンドン・東京・フランクフルト・シンガポール音楽日誌
     「ドイツ読書日誌」はドイツに係る書物についての読後感を通じて、現代ドイツを考察する試みです。
     併せて収録した「ロンドン・東京・フランクフルト音楽日誌」はロック・ジャズのライブ・レポ−トです。
     全部叉は一部についての読者の感想をお待ちしています。

お知らせ
2023/01/28   「ドイツ読書日記・欧州統合の視線から・ユーロ」に、「プーチンの戦争」を掲載しました。

2023/01/27   「川崎通信」の「日本の暗い霧」に、「小説帝銀事件」を追記しました。

2023/01/24   「アジア読書日記・中国」に、「わが敵「習近平」」を掲載しました。

2023/01/22   「アジア読書日記・その他アジア」に、「中央アジア歴史群像」を掲載しました。

2023/01/18   「映画日誌・アジア映画」に、「V.I.P.修羅の獣たち」を掲載しました。

2023/01/10   「映画日誌・ドイツ映画」に、「地下水道」を掲載しました。

2022/12/31   「川崎通信」に、「映像の世紀 ロックが壊した冷戦の壁」を掲載しました。

2022/12/26   「日本音楽日記」に、「都響スペシャル「第九」」を掲載しました。

2020/09/27

「コロナ」の不毛な6か月を終え、昨晩日本に帰国しました。それでも、シンガポールでの、通算12年は、私の人生にとってかけがえのない日々でした。公私にわたるかの地での多くの友人に深くお礼申し上げます。また、これから日本での新たな生活が始まります。10月11日の自粛明け以降、日本の皆様とお目にかかれるのを楽しみにしています。

2020/07/11   「シンガポール通信・その他」に、「2020年 シンガポール総選挙」を掲載しました。

2020/05/24   「シンガポール通信・その他」に、「シンガポール Covid-19 雑感」を掲載しました。

2020/03/07   「シンガポール音楽日記」に、「Whitesnake / Scorpions― Singapore Rockfest U」を掲載しました。

2020/02/01   「シンガポール通信・旅行」に、「スリランカ旅行記」を掲載しました。

2014/07/05  「シンガポール通信・その他」に、「「エピジェネティックス」書評ーシンガポール生活再開にあたって」を掲載しました。

2014/06/14   4か月間にわたった日本滞在を終え、明日シンガポールに戻ります。日本でお世話になった皆様、有難うございました。シンガポールの皆様、また宜しくお願い致します。

2014/02/14  5年8か月に渡ったシンガポール滞在を終えて帰国しました。日本でいきなり大雪の洗礼を受け、熱帯の気候に慣れた体が悲鳴をあげています。

2009/10/01 ホームページをリニューアルしました。従来からの「ドイツ読書日記」と「音楽日記」のアップデートに加え、新たに「アジア読書日記」「映画日誌」「シンガポール通信」を追加しました。